得意澹然(とくいたんぜん)失意泰然(しついたいぜん)

January 31, 2017

 

 

先日あるフラワーショップが同じ業種で2回目の倒産しました。

その経営者は花業界の風雲児といわれ、本を出したり、マスコミにも引っ張りだこでした。

どのような経営者でも、店に行列が出来て評判になったり、急激に売り上げが拡大してマスコミに登場したりして持ち上げられると気分が良いに決まっています。そこで、「自分はスゴイ」と錯覚してしまうのです。

そうして、創業当時の社会的使命(ミッション)を忘れ、自分が認められることばかりを追求するようになってしまいます。それに近いことを私も倒産の前に経験しました。

「幸運に恵まれることも、災難に遭うことも、等しく試練なのです。試練にいかに対処するかによって、人生はさらに大きく変化していくのです」

という稲盛和夫さんの言葉は肝に銘じなければなりません。

 

業界やマスコミでは、有名でなくても「大きいことよりもお客様のためになること」「損得より善悪を優先している」会社は世界中あちこちで小さくてもきらっと光っているはずです。

 

 

得意澹然(とくいたんぜん)とは 

得意の時はあっさりしいて、

 

失意泰然(しついたいぜん)とは 

失意のときはゆったりしている

 

という意味で、崔銑(さいせん、中国古代の学者)の残した言葉「六然」の最後の二つです。

(安岡正篤著「運命を創る」p72)

 

「あせらず、おごらず、やすまず、あきらめず」と共に実行し続けるのは難しいですが、心したいものです。

 

2010/10/28投稿ー2017/01/31加筆

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

「『天は人の上に人をつくらず』といえり(中略)人は生まれながらにして貴賎貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事を良く知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるなり」

February 2, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

January 31, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic