経営再建プログラムは井上経営研究所のメインプログラムです

 俯瞰塾プレップは永続優良企業「俯瞰塾」への登竜門です

 最善の第二の人生をスタートさせるためのプログラムです。

悩み苦しんで追いつめられた経営者が、暗闇の中で出口の灯りを見つけ出すための最初の行動です。

憤啓塾

無料

無料小規模企業再生プログラム

 憤啓塾

 無料小規模企業再生プログラム【憤啓塾】

 井上雅司とマンツーマンの無料の経営塾です。

 

「憤啓塾」は

 井上経営研究所井上雅司(プロフィール)が直接、

  • 無料会員面談を東京・名古屋・大阪・和歌山のいずれかで、3ヶ月毎に1回

  • その他、毎回1時間のビデオ通話による経営診断を毎月2~3回実施しながら

1年間にわたりマンツーマンでコーチングする実践経営塾です。

 

 セミナーではなく、井上雅司との1対1の真剣勝負の塾ですので、毎回課題があり、それを実践して、期日までに提出(報告)されない場合、「憤啓塾」から自動的に退会となります。

 

​ 「憤啓塾」と「両潤塾」の無料会員面談は俯瞰塾会員様の定期診断の隙間時間を利用させていただくことによって成り立っています。

​また井上雅司の隙間時間を駆使してのビデオ通話による経営診断となりますので、時間などは弊所の都合でのみ決定となります。

 無料だからといってその内容は有料プログラムと全く変わりませんが不便は覚悟の上でお取り組みください。

​ 16年掛かりましたが、ようやく本当にプログラムが必要なひとが無料で受けられるプログラムを実施できる事業環境になりました。何名までお引き受けできるかわかりませんが、金銭的な問題で経営再建や起業・家業承継のコンサルティングを諦めざるを得なかったかたは、ぜひチャレンジしてください!

 

 一般的に通信講座の特徴は費用が通学に比べて安く上がる反面、その継続には受講者の絶え間ない努力が必要です。

『憤啓塾』(は無料ですが)についても同じことが言えます。

 経営危機から脱出し健全企業化するためには、傷が浅いうちに対策案の確立から実行までを短期集中で行う必要がありますが、短期で達成できるかどうかはひとえに経営者の行動力にかかっています。

 STEPごとに課題資料や課題行動(楽なものはひとつもありません。楽に出来る対策案はすでにあなたがやっておられ尚且つ今の状態にあるのですから・・・。)を処理できなければ、新しいSTEPに進むことが出来ず、経営改善化が遅れることになります。

 しかし、「憤啓塾」では3ヶ月ごとにの井上雅司との直接会員面談(主な開催地は東京・大阪・名古屋・和歌山)に加えて、毎月2~3回、私と直接ビデオ会議で相談できるビデオ通話による経営診断を用意しています。

 これらをどのように有効に利用するかが「再建」「改善」が成功するか大きな鍵になってきます。

長岡藩の河井継之助が遠く備中松山藩の山田方谷を訪ねたような熱意があれば、憤啓塾でも俯瞰塾と同じような成果が得られるはずです。

 「なんとしてもやり遂げるんだ!」という強い決意と行動力のある方以外はお申し込みにならないでください!!

 憤啓塾の「憤啓」は論語の

(ふん)せずんば(けい)せず。悱(ひ)せずんば発せず。一隅を挙げてこれに示し、三隅を以て反(かえ)らざれば、則ち復(ま)たせざるなり」(述而第七)

 からの出書です。

 憤啓は「学ぶ本人にあふれるような熱意がなければ、教えることをしない。」つまりという意味です。「啓発」という語源はここにあります。

 経営再建(改善)のポイントは「選択」と「集中」です。
 資金繰り難解消・赤字や債務超過からの脱却に5年も10年もかけてはダメです。
3~6ヶ月で資金繰り問題を解決し、1年で赤字体質から脱却、3年で債務超過解消、それが・・・経営再建プログラム です。

塾の目的

「倒産への負の連鎖」に足を踏み入れそうな中小零細企業の経営者が

  • 今ある売り上げで最大の営業利益を生み出す知識と技術を習得すること

  • 今ある売り上げと資産の中から最大のキャッシュフローを生み出す知識と技術を習得すること

が出来るようになることにより、会社が倒産や廃業することなく、お客様や社員様が「幸せな生活」をおくることに貢献することです。その結果、今逆転しているを開廃業率を少しでも改善させ、「日本の元気」にお役に立つことです。

 

 プログラム期間中に

  • 資金繰り表を作成できる

  • 資産対策を実行できる

  • 経費削減対策を実行できる

  • 経営計画書を作成できる

  • 自社での月次決算ができる体制を作る

​などの実務技術を習得することが出来ます。

3ヶ月毎に1回の「会員面談」と毎月2~3回のビデオ通話による経営診断などを活用して最長1年での卒塾を目指します。

入塾資格

  1. 中小零細企業および個人事業者(注)

  2. 債務超過、且つ直近2年以上連続で営業利益がマイナスであること

  3. 実質債務超過、実質営業利益マイナスなど 2に準じると認められること

  4. 厳しいプログラムに耐えられる資質や徳性などを有していると認められること

  5. 事前面談において入塾に適すると認められること

(注)従業者数が5名以下であること

  • 債務超過ではない

  • ​債務超過だが2年連続で営業赤字ではない

  • ​従業者数が19名以下である

​​ こんな場合は・・

経営改善プログラム

 【俯瞰塾プレップ】

をおすすめします

会費について

 完全無料ですので会費などは一切発生しません。会員面談場所までのご自身の交通費などは必要となります。

在塾期間について

 

 ●第1回開始日から期末決算が営業利益プラスに転じた、もしくは転じると認められる日の翌月まで

  但し、第1回開始日から最長1年間を限度とする
 

退会について

井上雅司との1対1の真剣勝負の講座ですので、

【重要】

●会員面談を3ヶ月連続で申し込まれないとき

●会員面談実施月以外にビデオ通話による経営診断を実行されないとき

●決算終了後3ヶ月以内に決算書が提出されない場とき

●前月の月次決算書または試算表が翌月末までに提出されない場とき

などの場合、翌月より憤啓塾CSC会員資格を失います。

  • 毎回課題があり、それを実践しないで、期日までに提出(報告)されない場合、「憤啓塾」から自動的に退塾となります。

  • 一度注意を受けた時間や礼儀マナーなどを再度守れない場合は、「憤啓塾」から退塾となる場合があります。

お申込みの流れ

​お申込みの流れ

事前に、井上経営研究所井上雅司(プロフィール)と面談して頂く必要がありますので
可能な日時と場所を 「経営相談カレンダー」 で確認してその下の「Order Form」から、「面談による無料経営相談」をお申し込みください。

その際に必ず相談内容欄に「憤啓塾入塾希望」とご記入ください。

​面談が確保できましたら、入塾面談の課題をメールにてお知らせします。

現在の入会可能人数(両潤塾と合わせて)と合否判定

​​● 両潤塾と合わせて、現在  名が入塾面接可能です。

​● 0名の場合は空きが出るまでウエイティングリストでお待ち下さい。

● 入塾面談と課題の内容により合否判定してメールでお知らせします。